ホーム>ニュース&トピックス

ニュース&トピックス

「ウィズコロナと子どものストレス」掲載のお知らせ【マインEラボ・スペース】

マインメンタルヘルス研究所のグループ機関であります マインEラボ・スペース よりご案内です。


自粛期間が明け学校が再開されましたが、例年と異なる環境の中、
子どもたちが不調や不安を訴えるケースが増えています。

「休み明けにリズムが戻らず、学校に行きたがらない」
「友達ができない」「学校見学に行けず進路が決められない」
「授業ばかりで大変」「自粛中からゲーム時間が減らせない」
など、困り感はさまざまで、それぞれに丁寧な対応が求められます。

そこで、
親子向けのストレス対策ガイド「ウィズコロナと子どものストレス」を作成しました。

コロナ禍の環境変化がお子さんにどのような影響を与えているのか、
また、それに対してどのように向き合えばよいのか、
についてのヒントをご紹介しています。

お子さんとの関わりの一助としていただけますと幸いです。

※詳細は【マインEラボ・スペース】のホームページをご覧ください。
    【新型コロナ対応】「ハンドブック ウィズコロナと子どものストレス」掲載のお知らせ

 

「自粛生活と親子ストレス」掲載のお知らせ【マインEラボ・スペース】

マインメンタルヘルス研究所のグループ機関であります マインEラボ・スペース よりご案内です。


新型コロナウイルスの感染拡大防止に伴う、緊急事態宣言や自粛要請等により、
一斉休校やテレワークの推進など、親も子も生活スタイルが大きく変わってきています。
 
都市部を中心に5月末までの休校が続きますが、
学校が再開しても分散登校を予定している地域が多く、
家庭で長い時間を過ごす状況は、当面続く見込みとなっております。
 
それに合わせ、
親子向けのストレス対策ガイド「自粛生活と親子ストレス」を掲載しました。

「子どもが感じるストレスとその対応」という観点ではなく、
「保護者もお子さんも共に楽になるためのヒント」をポイントとして作成しています。

ご家庭内でのお子さんとの関わりの一助としていただけますと幸いです。

※詳細は【マインEラボ・スペース】のホームページをご覧ください。
    【新型コロナ対応】「ハンドブック 自粛生活と親子ストレス」掲載のお知らせ



 

一斉休校に伴う教材の無料公開について【マインEラボ・スペース】

この度の新型コロナウイルス感染拡大防止のための一斉休校に伴い、学校での授業等がなくなり家庭学習を求められている状況となっています。通級学級も中止され、療育等をお休みする機関も出ています。

このような状況をかんがみ、マインEラボ・スペースでは「いーらぼ発達支援教材シリーズ」として刊行している教材の中から問題を抜粋した「特別編集版」を作成しました。

発達支援に限らず、すべてのお子さんの学習の土台づくりとしてご活用いただけます。
PDFファイルを無料でダウンロードできますので、ぜひお子さんの学習の補助としてお役立てください。

※詳細は【マインEラボ・スペース】のホームページをご覧ください。
        一斉休校に伴う教材の無料公開について
 

いーらぼ発達支援教材シリーズ 新刊発売のお知らせ【マインEラボ・スペース】

マインEラボスペースより 【いーらぼ発達支援教材シリーズ・新刊を発売いたしました】

「読む力トレーニング ステップアップ編」
 

読む力トレーニングステップアップ編

「読んで考える」から「論理的思考力を身につける」へ
”計算のない文章題”をコンセプトにした「読む力」シリーズの発展編。

小学校高学年から中学校の学習の土台づくりとして、
発達支援に限らず、幅広く多くのお子さんにお使いいただけます。
ぜひご活用ください。

 

※内容見本等の詳細については、マインEラボ・スペースのホームページをご覧ください。 学習教材のご案内

たいらか公式オンラインショップからもお買い求めいただけます。

いーらぼ発達支援教材シリーズ 新刊発売のお知らせ【マインEラボ・スペース】

【いーらぼ発達支援教材シリーズ・新刊を発売いたしました】

「ことばトレーニング 会話・読解編」
 ~意図をとらえながら、会話の力、読解の力を高める~

2018518154741.JPG

 

日常の会話力、国語学習での読解力など、ことばの活用力を育み、
生活や学びにつなげる1冊としてご活用ください。

 

※各教材の詳細は、こちらをご覧ください。

 

※教材のご購入は、お電話・FAXでのご注文、または たいらかオンラインショップにて承っております。

≫お電話・FAXでのご注文

≫たいらか公式オンラインショップ

 

30周年記念フォーラム御礼

2018年1月26日、弊社の30周年記念フォーラムを、東京都港区の八芳園にて開催しました。

2018131114238.jpg

フォーラムには、東京大学先端科学技術研究センター准教授の近藤武夫先生と、
同センターの特任研究員で産業医としてご活躍の三宅琢先生をお招きし、

「 人と社会の未来図を描く
   ~働くことと、健康、生活、幸福。その30年をふり返り、これからの30年を考える~ 」

をテーマにご講演をいただきました。

201813111425.jpg

その後の懇親会も含め、ご多忙の中、多数のご出席をいただきました。
誠にありがとうございました。

いーらぼ発達支援教材シリーズ 新刊発売【マインEラボ・スペース】

いーらぼステップワーク5
算数トレーニング 数の基礎・計算編 
算数トレーニング
次の単元に活かせる、生活スキルが上がる、復習ワークの決定版!

数のとらえかたや計算の基礎をスモールステップで復習するためのワーク集です。
「次の単元につながる復習」「生活スキルを向上させるための復習」を
ポイントに、 特別支援教育の成果も取り入れながら作成しています。
「既存の問題集ではなかなか身につかない」「計算に時間がかかる」
「式が立てられない」、そのような算数が苦手なお子さんに最適の1冊です。

※本教材では「小学1年生~3年生」の学習内容を取り扱っていますが、
高学年や中学生の復習用としてもご活用ください。

 A4サイズ。ワークシート63ページ  2,000円(税抜)
家庭で学べる解答・ポイント解説付き


いーらぼ発達支援テキスト2
聞く力トレーニングブック2 
聞く力2
聞き方のコツをつかんで、実践力を高める!

大好評をいただいた前作『聞く力トレーニングブック』の続編。
前作のコンセプトはそのままに、伸ばしたい力のターゲットを
より明確に絞りながら、 豊富な問題を収録して構成しています。

「待ち合わせの時に覚えておくこと」「持ち物の指示」など、
より実践的な「聞く」スキルを鍛える問題も多く収録。
聞き取って口頭で答えるだけではなく、メモを取る学習にも活用できます。
聞くための姿勢づくりや生活のスキルアップにつながる決定版です。


使いやすいA5判サイズ。71ページ 1,200円(税抜)
 

※いーらぼ発達支援教材については、マインEラボ・スペースのホームページをご覧ください。 学習教材のご案内

たいらか公式オンラインショップからもお買い求めいただけます。


いーらぼ発達支援教材シリーズのご紹介【マインEラボ・スペース】

【マインEラボ・スペース】  いーらぼ発達支援教材シリーズ  

※マインEラボ・スペースは、
20年以上にわたって心の健康と成長をみつめてきた弊社マインメンタルヘルス研究所を母体に設立された
子どものすこやかな発達・成長を支援する専門機関です。

相談・療育・学習支援活動の中で蓄積した教材やノウハウをもとに、
発達に凸凹のあるお子さんの学習支援・発達支援のための教材を制作しています。

<新刊発売>

 
  ・いーらぼステップワーク5  

      「算数トレーニング 数の基礎・計算編」

     〜数の概念や計算力の基礎を固め、次の単元につなげる復習ワーク〜
             A4判 2,000円(税別)

  ・いーらぼ発達支援テキスト2
      「聞く力トレーニングブック2」
      〜聞き方のコツをつかんでスキルを高める読み聞かせ型教材の第2弾〜
             A5判 1,200円

 

既刊好評発売中>

・いーらぼステップワーク1    「10歳からのことばトレーニング
・いーらぼステップワーク2    「読む力トレーニングブック」
・いーらぼステップワーク3    「10歳からのソーシャルスキルトレーニング」
・いーらぼステップワーク4    「読む力トレーニング基本編」

 ・いーらぼ発達支援テキスト1  「聞く力トレーニングブック」 

※各教材の詳細は、マインEラボ・スペースのホームページをご覧ください。 学習教材のご案内
 


たいらか公式オンラインショップからもお買い求めいただけます。

 

スワンベーカリーへの支援活動が読売新聞で紹介されました

昨年11月にもこのコーナーでお伝えしましたが、

弊社が活動を全面支援している特定非営利活動法人たいらかでは

障害者雇用に取り組むベーカリーショップ「スワンベーカリー」(品川区八潮)への

支援活動を行っています。

 

このたび、2月7日(日)の読売新聞(20面)に掲載された

障がい者雇用の問題に関する記事の中でも、このスワンベーカリーの事例が

取り上げられ、たいらかの支援活動についても紹介されました。

弊社代表の山﨑友丈(NPOたいらか理事長)のコメントも紹介されております。

 

法定雇用率達成への社会的要請も強まる一方、

障がい者雇用促進法の改正などで、企業にはますます障害者を受け入れ

活かす環境整備に注力することが求められています。

採用、職場・仕事とのマッチング、人間関係やコミュニケーションなど

適切な理解と支援のもとで障害者の適応と活躍をめざす上で

専門的支援の必要性はますます高まってくると思われます。

 

たいらかの活動を広く知っていただくことで、

さらに多くの障害者がいきいきと働ける場が広がっていく

お手伝いができる機会が増えることを願っています。

 

また障がい者雇用の問題とメンタルヘルスの問題は密接に関わっており、

現実的な問題への対応においては、両方の視野からのアプローチが

必要なケースも多く、今後さらに増えてくることが考えられます。

 

今後ともマインとたいらかは深い連携を保ちつつ、

企業のさまざまなニーズや問題に、お応えしていきたいと考えています。

 

スワンベーカリーパトリア品川店 開店【NPOたいらか】

本日、11月25日 「スワンベーカリーパトリア品川店」がオープンしました。

同店は、日本総合住生活株式会社が、
「スワンベーカリー」を運営する株式会社スワンの支援を受けて取り組む
障がい者雇用事業の1号店です。

弊社が活動を支援しています「NPOたいらか」も
採用・教育、適応支援を通じて事業をサポートしています。

151125-01.JPG

151125-02.JPG

news151125-03

お近くにお越しの際はぜひお立ち寄りください。

【スワンベーカリー パトリア品川店】
東京都品川区八潮5-5-3
(UR「品川八潮パークタウン」内 パトリア1F)